ペア

持田製薬EPAが好評されている訳合いを見識

ラブレ菌が良い

お腹を触る人

腸内環境を良くする

腸内の悪玉菌と善玉菌がバランス良く保たれていると、お通じも良く消化もスムーズである。腸内環境が整っていると大腸がんや胃ガンも防げるという。健康でいるために乳酸菌を積極的に取り入れて、腸内環境を良くしておくべきである。良質な乳酸菌は増えてしまった悪玉菌を撃退し、善玉菌の量を増やしてくれるという。乳酸菌は大きく分けると、動物性と植物性に分かれる。動物性は、ヨーグルトやチーズなど乳製品に多く含まれている。植物性はピクルスなど漬け物に含まれているという。最近パワフルな効果を発すると絶賛されているのが植物性の乳酸菌ラブレ菌である。ラブレ菌は生きたまま腸まで届く強力なパワーがあるという。取り入れると腸内の働きが良くなり体全体をサポートしてくれる。

空腹時は避ける

植物性の「ラブレ菌」はドリンクやサプリメントなど健康食品でも摂取できる。ラブレ菌は摂取するタイミングがカギとなる。空腹時は「胃酸」が多く分泌されているので、このときに飲んでも成分がいかされずに排出されてしまう。極力食事前の摂取は避け、胃酸が落ち着く食事後に取り入れると良い。取り入れるタイミングを間違えてしまうと努力がムダになってしまうので注意する。サプリメントは胃のなかでさっと溶けるぬるま湯を選ぶ。冷水は溶けにくく効果に影響するので、避けるべきである。乳酸菌は組み合わせることで、肝臓や腎臓など各臓器に良い効果を与えられるという。ラブレ菌とほかの乳酸菌を組み合わせると、体はより良い方向に向かえる。